fc2ブログ

英語下手の、英語下手による、英語下手のための海外留学&海外生活奮闘記

英語などロクに話せもしないくせに、家族総出でNew Yorkに海外留学に来ちゃった人のブログ。そうとその家族の日々の奮闘ぶりを綴っていきます!

ちょっと気になる記事があったんで、
感想を書きたいと思います。


----------------------------------------------

ハーバード大の日本人留学生数
--- 韓国人の1/8、中国人の1/7 ---


今年のノーベル化学賞受賞が決まった根岸英一氏、
鈴木章氏はともに若い時期に海外に飛び出して研究に励んだ。
しかし、近年の若者は「内向き」志向が強い。
若手社員の意欲低下は企業経営にも影響が甚大だ。

海外に長期派遣される研究者の数がピーク時よりも半減している。
海外の大学や研究機関に1か月以上滞在する研究者は昨年度で3739人。
ピークだった2000年度の7674人から大きく減少している。

白熱教室で話題のハーバード大学でも、
昨年の留学生666人のうち日本人はたったの5人だった。
韓国42人、中国36人、シンガポール22人、
インド20人に比べると大きく水をあけられている。
米国への留学生自体、昨年の日本は3万人足らずで、
約10万人のインド・中国、約7万人の韓国の後塵を拝している。

留学生の減少で、日本の大学の存在感も低下している。
米国の大学院の博士号取得者の出身大学別ランキング(2008年)では、
日本の大学は425位に東京大(23人)が入るだけ。
1位の清華大(472人)をはじめ中国の大学が
ベスト10の3つを占めているのに対し、あまりに情けない。

----------------------------------------------


んー この記事、本質を捉えていない気がするんですよね。
少なくとも「あまりに情けない」と思う必要はない(笑)。


確かに日本の若者が内向的になって、
留学を敬遠する傾向があるのは確かだと思います。


でもそれだけじゃないと思うんですよね、、、


つまりアメリカに留学しなくてもいいわけですよ。
もちろん前にもこのブログで書いたとおり、
アメリカの研究環境は本当に優れています。
でも今は別にアメリカが一番というわけではなく、
日本でもやろうと思えば一流の研究はできます。
現に素晴らしい研究の数々が日本国内からも出ています。


でも韓国、中国の場合、
残念ながら本国ではそこまで望めないわけです。

加えて韓国、中国からの留学生の場合、
家族総出でアメリカ入りして、
うまくいけばアメリカに住み着いてしまいます。
できる事ならアメリカ人になりたいんです。

こういう裏の考えがあるから積極的に留学するわけですねー


これはこちらで生活し、
彼等と接している中で気づいたことですが、
そこが決定的に違う気がしますね。


ま、もちろん内向的になるだけではなく、
知的好奇心すら失いつつある日本の若者、
大問題ではあるんですけどね、、、(苦笑)


「知的好奇心」


どんなコトへの知的好奇心であれ、
これに勝る人生の楽しみはないと思うんですが、、、
それゆえ私は留学するに至ったわけです。
日本の外に出ることでわかることもたくさんありますからねw


ま、頑張りましょーっと♪




--------------------------------------------------

よかったら応援するつもりで3つほどポチッと押してやって下さーい!!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




posted at 11:59 | 研究留学 | TB(0) | CM(0)

icon1 この記事に対するコメント


icon1 この記事に対するコメントの投稿
















icon1 この記事に対するトラックバック

ico2 自己紹介

そう

Author:そう
こんにちは、そうと申します。
英語が苦手で大嫌いなくせに、2008年10月から海外に留学して、研究に携わっています!
せっかくの海外留学の機会なので、ヒマをみつけて日々の出来事、感じたことを記録していこうと思っています。

ico2 カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ico2 最新記事
ico2 カテゴリー
ico2 最新コメント
ico2 最新トラックバック

ico2 月別アーカイブ
ico2 メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: